通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

チャレンジ

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:チャレンジ
外語:challenge 英語
品詞:さ変名詞
1999/06/26 作成
2006/12/12 更新

チャレンジ&レスポンス方式の認証において、サーバーが送ってくる乱数。

チャレンジを受け取ったユーザー、チャレンジに対して決められた方法、一般には暗号鍵で暗号化した値(レスポンス)を返せば、認証に成功する。

暗号鍵は、サーバーもユーザーも分かっている場面(一般的なログイン認証の状況)で、通信回線が信用できないとき、その回線に平文で暗号鍵を流すことができない。そこで、この方式を用いれば暗号鍵を流すことなく、数学的に双方が持つ暗号鍵の一致を確認できる。

一連のやり取りを他人が盗み見ていても、成りすますことは出来ないよう、サーバーは毎回異なるチャレンジを送信する。

こういった認証形態をチャレンジ&レスポンスと言う。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club