通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ブロック再生攻撃

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ブロックさいせいこうげき
品詞:名詞
2003/12/21 作成
2006/12/08 更新

ECBでは、攻撃者がある平文とそれに対する暗号文を入手すれば、その攻撃者は同じメッセージを何度でも繰り返し送信できるという脆弱性を持っている。この脆弱性を突くような攻撃方法のこと。

例えば、攻撃者が一度、(正当な手続きで)1,000円を自分の口座に入金し、そのときの通信を傍受したとする。この時の暗号文を何度も繰り返し送信することで、口座残高を不当に増やすことができる。

この攻撃に対しては各ブロックにタイムスタンプやシーケンス番号を入れてから暗号化することで、殆どを防ぐことができる。

用語の所属
アタック
関連する用語
ECB

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club