通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

マナー

辞書:通信用語の基礎知識 通信俗語編 (CZYOGO)
読み:マナー
外語:manner 英語 , 礼仪 大陸簡体 , 禮儀 台灣正體
品詞:名詞
1995/05/01 作成
2008/06/18 更新

ある集団において、守ることが推奨されている暗黙の了解。通信分野ではネチケットなどとも呼ばれることがあるが、日本ではあまり使われていない。英語の原義は、態度、行儀、礼儀、礼儀作法。

目次

各集団には、その集団に応じたマナーが存在している。

例えば、ネットニューズにはネットニューズの、2ちゃんねるには2ちゃんねるの、それぞれ独自のマナーが存在する。

国ごと、地域ごと、宗教ごとなどにマナーが異なるように、通信分野でも環境が大きく違えばマナーも大きく変わる。ある場所でのマナーが他所ではマナー違反となることがあるのは、どんな世界でも同じである。

一例として、2ちゃんねるでのマナーをネットニューズ(の例えば「うさげ」)で展開すれば、それはきっと大変な騒動を招くことだろう。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club