通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

呼出し

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:よびだし
品詞:さ変名詞
2006/06/15 更新

相手局と交信するにあたり、その相手局に応答してもらうこと。

その一般的方法(海上移動業務などを除く)は次の通り。

特定の局を呼び出す方法は、無線局運用規則 第二十条で次のとおり規定される。

  1. 相手局の呼出符号 3回以下
  2. こちらは 1回
  3. 自局の呼出符号 3回以下

不特定の局を呼び出す場合は、無線局運用規則 第百二十七条で次のとおり規定される。

  1. CQ 3回
  2. こちらは 1回
  3. 自局の呼出符号 3回以下
  4. どうぞ

50W以下の無線機でかつ確実に相手と交信が可能であれば、呼出しの簡易化ができる(第百二十六条の二、第百二十六条の二の2の意訳)。この時には単に、

  1. 相手局の呼出符号 3回以下

となる。

関連する用語
応答

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club