通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

帰線

辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:きせん
外語:feedback 英語
品詞:名詞
2000/10/29 作成
2015/05/10 更新

テレビ信号において、走査を終えて終点から次の起点に戻るまでに描かれる線。

目次

CRT(ブラウン管)は、画面上を一行ずつ左から右に電子銃の電子ビームが走査して描画をしている。そして、一行の走査を終えて右端から左端に戻る時に描かれる電子銃のビームの線を帰線という。

これが見えてしまうとまともな映像にならないため、CRTではこれが映像に現われないように帰線消去を行なう。また、右端から左端に戻るには時間が必要なため、この所要時間を想定して、アナログ放送では映像を含めない帰線区間を信号の中に用意している。

帰線には水平帰線と垂直帰線があり、各々の区間を水平帰線区間垂直帰線区間という。

これはブラウン管の電子銃を想定した仕様である。現在主流の液晶ディスプレイでは帰線期間は必要がない。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club