通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

微レ存

辞書:通信用語の基礎知識 通信俗語編 (CZYOGO)
読み:びれそん
読み:びれぞん
品詞:名詞
2016/01/26 作成

「微粒子レベルで存在している」の略語。初出は2ちゃんねるの投稿で、「真夏の夜の淫夢」に関連した用語である。

目次

限りなく可能性は低いが、ゼロではないこと。

2ちゃんねるの就職板「【DB】日本ペイント株式会社【アッー!】」スレの521が、由来となる表現として最古と考えられている。

521 :就職戦線異状名無しさん:2008/01/17(木) 04:16:36

中田の口内には、TDN・HTN・TNOKのチンカスが

現在も分子レベルで残留している・・・?

時が流れスレも6スレ目「【DB・KYN】日本ペイント株式会社*6【アッー!】」に突入したあたりで、進化が見られた。

517 :就職戦線異状名無しさん:2008/03/17(月) 11:21:41

>>481

DBの口の中には今なおTDN・TNOK・HTNのチンカスが

微粒子レベルで残留しているかもしれない?!

これが徐々に洗練され、普及するようになった。

このように、元々の由来は非常に下品であり、本来はノンケが使う用語ではないので、使用に際しては注意が必要である。

関連する用語
小並感

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club