通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

必要周波数帯幅

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:ひつようしゅうはすうたいふく
品詞:名詞
2002/03/25 作成
2011/01/04 更新

必要な通信品質を得るために最低限必要な占有周波数帯幅のこと。

電波法施行規則に定義がある。

第一章 総則

(定義等)

第二条 電波法に基づく命令の規定の解釈に関しては、別に規定せられるもののほか、次の定義に従うものとする。

六十二 「必要周波数帯幅」とは、与えられた発射の種別について、特定の条件のもとにおいて、使用される方式に必要な速度及び質で情報の伝送を確保するためにじゆうぶんな占有周波数帯幅の最小値をいう。この場合、低減搬送波方式の搬送波に相当する発射等受信装置の良好な動作に有用な発射は、これに含まれるものとする。

関連する用語
指定周波数帯
占有周波数帯幅

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club