通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

楕円曲線暗号

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:だえんきょくせんあんごう
外語:ECC: Elliptic Curve Cryptography 英語
品詞:名詞
1999/12/27 作成
2010/02/18 更新

暗号アルゴリズムの一つ。略してECCという。

目次

1985(昭和60)年にワシントン大学のニール・コブリッツ(Neal Koblitz)とIBMのヴィクター・ミラー(Victor Miller)が、ほぼ同時に、しかし独立に発明した。

暗号的強度は、楕円曲線上の離散対数問題(ECDLP)という数学の困難さに依存している。ECDLPを効率的に解くアルゴリズムは現存しないことから、これが解かれるまではRSAなどより有利な暗号とみなされている。

RSAの1024ビットの鍵長の暗号強度を、ECCでは僅か160ビットで実現でき、かつ処理に要する時間も短い。

公開鍵暗号方式で使われる例が多い。

用語の所属
暗号
関連する用語
RSA

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club