通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

空中線の相対利得

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:くうちゅうせんのそうたいりとく
品詞:名詞
2002/03/25 作成
2011/01/07 更新

基準空中線が空間に隔離され、かつ、その垂直二等分面が与えられた方向を含む半波無損失ダイポールであるときの与えられた方向における空中線の利得

電波法施行規則に定義がある。

第一章 総則

(定義等)

第二条 電波法に基づく命令の規定の解釈に関しては、別に規定せられるもののほか、次の定義に従うものとする。

七十六 「空中線の相対利得」とは、基準空中線が空間に隔離され、かつ、その垂直二等分面が与えられた方向を含む半波無損失ダイポールであるときの与えられた方向における空中線の利得をいう。

用語の所属
空中線の利得
関連する用語
空中線の絶対利得
実効輻射電力

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club