通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

第四級アマチュア無線技士

辞書:通信用語の基礎知識 無線・アマチュア編 (WAHAM)
読み:だいよんきゅう・アマチュアむせんぎし
品詞:名詞
2002/03/05 作成
2010/06/13 更新

アマチュア無線技士資格中、最も下位クラスの資格。旧称「電話級」。略称「4アマ」。電波法第40条第5項ニにて定義される。

操作範囲については電波法施行令 第三条の3にて規定される。

21MHz以上、および8MHz以下の周波数が利用できる。このうち、空中線電力(出力)は30MHz以下は10W以下、30MHzを超える周波数では20W以下に制限されている。

また、操作は電話のみに限られ、電信操作(いわゆるモールス符号による通信)を行なってはならない。

試験範囲は無線従事者規則 第5条二十三にて規定される。

二十三 第四級アマチュア無線技士

イ 無線工学

(1) 無線設備の理論、構造及び機能の初歩

(2) 空中線系等の理論、構造及び機能の初歩

(3) 無線設備及び空中線系の保守及び運用の初歩

ロ 法規

電波法及びこれに基づく命令の簡略な概要

4アマは、車の免許で言えば原付免許のようなもので、技術は理解していなくても、問題と回答を丸暗記すれば取れる免許である。年齢制限もないので、このため4アマは幼稚園児小学生でも取れる。

ちなみに古いCQ誌によれば、3歳11ヶ月で、この4アマの上、3アマを取った子がいたらしい。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club