通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

給電線

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:きゅうでんせん
外語:feeder 英語 , fidr/o エスペラント
品詞:名詞
2006/06/14 更新

送信機からアンテナへ電力を送ったり、アンテナで捕らえた電波を受信機に送るための電線。アンテナ線、フィーダーともいう。

大きく、同軸ケーブルとフィーダー線がある。

同軸ケーブル

同軸は丸い導線で、芯線のまわりを編線で取り巻いたケーブルである。

現在主に使われるのは、2V型、FV型、FB型の三種類である。

最初の2またはFは次の意味である。

  • 2: 芯線と編組の絶縁材が半透明ポリエチレン
  • F: 芯線と編組の絶縁材が発泡ポリエチレン

次のVまたはBは次の意味である。

  • V: 編線は一重である。
  • B: 絶縁材と編線の間にアルミテープが巻かれている。

従って、次のようなことになる。

2V
絶縁材が半透明ポリエチレンのもの。細く済み、曲げに強く安価だが、電波の減衰量が多い。
FV
絶縁材が発泡ポリエチレンのもの。VHF/UHFにはこの程度で充分。BSなどの高周波受信には向かない。
FB
絶縁材が発泡ポリエチレンで、アルミテープが巻かれているもの。BS放送の受信などにも向いているが、径が太く高価である。

フィーダー

テレビ受信用に、かつてはよく使われたケーブル。

VHF用の300Ωはリボンフィーダー、UHF用の200Ωはめがねフィーダーと呼ばれる。

給電線に求められる性能としては、給電線自体が電波を発射したり、あるいは受信してはならないことである。

そして損失が少なく、外部からの電気的影響を受けず、かつ特性インピーダンスが一定であることである。

関連する用語
フィーダー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club