通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

著作権ゴロ

辞書:通信用語の基礎知識 通信俗語編 (CZYOGO)
読み:ちょさくけんごろ
品詞:名詞
2005/06/30 作成
2009/10/31 更新

著作権ごろつき。著作権を食い物にし、あちこちをうろついて、著作権をねたに弱者を叩いたり、たかったりする、ならず者のこと。

検索結果

検索サイトによる検索結果、つまり民主的な結論によると、次のゴロが「著作権ゴロ」である。

  • Google ‐ 社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC) (※注記あり)
  • Bing ‐ 社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC) (※注記あり)
  • Yahoo! JAPAN ‐ 社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)

結果動向

ごろつきだけあって、圧力を掛けるのもお手の物のようである。

  • Googleでは、2005(平成17)年6月30日現在、JASRACが一位だったことが確認されているが、やがて検索結果に出なくなった。
  • Bing(旧Live Search)は、2009(平成21)年2月27日現在、JASRACが一位だったことが確認されているが、やがて検索結果に出なくなった。
  • Yahoo! JAPANは、2009(平成21)年2月27日現在、JASRACが一位としている。

著作権ゴロとJASRACの関係。

  • 2005(平成17)年6月30日: Googleでトップであることが確認された。
  • 2008(平成20)年5月5日: Googleで3位になったことを確認。Live Searchではトップ
  • 2009(平成21)年2月27日: Googleでヒットしなくなったことを確認、Live SearchとYahoo! JAPANではトップ
  • 2009(平成21)年10月31日: Bing(旧Live Search)でヒットしなくなったことを確認、Yahoo! JAPANではトップ
関連するリンク
http://www.jasrac.or.jp/
関連する用語
JASRAC
著作権

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club