通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

超短波文字多重放送

辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:ちょうたんぱ・もじたじゅうほうそう
品詞:名詞
2011/01/04 作成
2015/02/20 更新

FMラジオ放送における文字多重放送

目次

超短波放送の電波に重畳して文字や図形などの信号を送信する放送で、それ自体は超短波放送でないもの。

見えるラジオとしての用途があった。

電波法施行規則に定義がある。

第一章 総則

(定義等)

第二条 電波法に基づく命令の規定の解釈に関しては、別に規定せられるもののほか、次の定義に従うものとする。

二十八の六 「超短波文字多重放送」とは、超短波放送の電波に重畳して、文字、図形又は信号を送る放送であつて、超短波放送に該当しないものをいう。

用語の所属
文字多重放送
関連する用語
超短波放送

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club