通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

音声信号

辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:おんせいしんごう
品詞:名詞
2011/01/07 作成
2015/02/26 更新

音声その他音響を伝えるための信号。

目次

電波法施行規則に定義がある。

第一章 総則

(定義等)

第二条 電波法に基づく命令の規定の解釈に関しては、別に規定せられるもののほか、次の定義に従うものとする。

八十三 「音声信号」とは、音声その他の音響に従つて生ずる直接的の電気的変化であつて、音声その他の音響を伝送するためのものをいう。

音響は空間に広がるため、聴取者からみて方向を持つ。電波法施行規則ではステレオ(2チャンネル音声)が想定されており、各々は左側信号右側信号と呼ばれる。

関連する用語
左側信号
右側信号
映像信号

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club