通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

音響カプラー

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術機器用語編 (CTDEVY)
読み:おんきょうカプラー
外語:AC: acoustic coupler 英語 , akustik/a kupl/il/o エスペラント
品詞:名詞
1998/11/28 作成
2009/08/26 更新

電話機受話器に取り付け、モデム(いわゆるアナログモデム)の代わりに使う通信装置。当時は末尾の「ー」を略して「音響カプラ」と呼ばれていた。

モデムが高価で、その上、電話回線にモデムを接続するのに申請が必要だった時代に使われていた。音響カプラーなら申請が不要だったためである。

内容としては、電話の受話器部分に音響カプラーのマイクが、送話器部分に音響カプラーのスピーカーが当たるようになっていて、モデムと同様にディジタル信号を音声に変換したものを電話機に対して与えたり、また逆に受け取ったりする。

音響カプラー (300 baud)
音響カプラー (300 baud)

関連する用語
電話機
モデム
電話回線

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club