通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

APN

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:エイピーエン
外語:APN: Access Point Name 英語
品詞:名詞
2014/11/06 作成

携帯電話機で、データ通信を利用する際に使用する接続先を指定する文字列。アクセスポイント名。

現在のスマートフォンふくむ携帯電話機は、特定の携帯電話会社専用ではなく、様々な携帯電話会社で利用できる。

そこで、その電話機からどの携帯電話会社に繋ぐのかの情報が必要であり、利用者が逐一設定する必要がある。

ショップで契約した場合は接続試験などのためにショップ店員が入力してくれるため利用者が入力することは原則としてないが、SIMを交換して使うような場合には手作業で設定が必要となる。

世界で一意になる必要があるため、一般にドメイン名と同じものが使われる。

設定

Androidスマートフォンの場合の一例。Androidのバージョンや機種によって異なることが多いため、あくまで参考である。

  • 「設定」→「無線とネットワーク」→「その他...」を選択
  • 「モバイルネットワーク」を選択
  • 「データ通信を有効にする」をタップしてチェックを付け、「アクセスポイント名」を選択
  • 画面のどこか(右下など)にあるメニューアイコン(点が3つのアイコン)をタップし、「新しいAPN」を選択

この画面でAPNを設定することになるが、同時に設定することの多い内容は次の通り。

  • 名前 (利用者が分かる名前を自由に付けられる)
  • APN
  • プロキシ
  • ポート
  • サーバー
  • MMSC (マルチメディアメッセージングサービスセンター)
  • MMSプロキシ
  • MMSポート
  • MCC
  • MNC
  • 認証タイプ

必ずしも全項目の設定が必要なわけではなく、特にプロクシー(プロキシ)を使用しない一般的な状況では、プロキシ/ポートの設定は不要である。

MMSはいわゆる携帯電話機の電子メールに関する設定である。

関連する用語
アクセスポイント

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club