通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

CCITT

辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:スィースィーアイティーティー
外語:CCITT: Comité Consultatif International Téléraphique et Téléphonique フランス語 , International Telegraph and Telephone Consultative Committee 英国英語
品詞:団体組織名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

国際電信電話諮問委員会。

ジュネーブに本部を置き、モデムなどの電信電話機器に関する規格を発表していた団体。

1993(平成5)年3月1日に組織改正が行なわれ、国際電気通信連合(ITU)の常設機関という位置付けとなった。通信規格制定事業は、電気通信標準化部門(TSS: Telecommunications Standards Sector)に引き継がれ、CCITT時代の規格は全てITU-Tを冠して示されるようになった。

関連する用語
モデム
ITU
ITU-T

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club