通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DOCS

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:ディーオウスィーエス
外語:DOCS: DESIGNATE OTHER CODING SYSTEM 英語
品詞:慣用単漢字
2010/07/04 作成

ISO/IEC 2022で定義される、ISO/IEC 2022以外の符号を指示する機構のこと。

ISO/IEC 2022とは異なる設計の符号系(例えばUTF-8)を一時的に指示して使用することができる。

指示した後は、ISO/IEC 2022とは異なる符号処理になるため、実質的に「切り替え」機能といえる。

この目的のために用意されているのが、DOCSという機構である。

往復

DOCSでは、一方通行での切り替えと、戻ってこられるものとの二種類がある。

それぞれで別々のエスケープシーケンスが定義されている。

戻ってこられる場合、ISO/IEC 2022と同様の機構で、ESC 2/5 4/0、という3バイトのシーケンスが相手先の符号で使われる。

いくつ前まで戻れるかは、実装依存。

シーケンス

DOCSの指示は、戻れるか否かで二種類がある。

  • ESC 2/5 <F> ‐ 戻れる集合
  • ESC 2/5 2/15 <F> ‐ 戻れない集合

2/15を間に挟む場合と挟まない場合で、<F>に対応する文字集合は異なる。

<F>バイトは、4/0から順番に割り当てられる。4/0〜7/14まで利用可能で、それ以上は<I>バイトで拡張されるが、現時点では定義される文字集合は少ないため、そのような用例はない。

用語の所属
ISO/IEC 2022
関連する用語
DRCS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club