通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

DSA

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ディーエスエイ
外語:DSA: Digital Signature Algorithm 英語
品詞:固有名詞
2000/01/03 作成
2010/02/18 更新

公開鍵暗号方式アルゴリズムの一つで、電子署名に用いられる。ディジタル署名アルゴリズム。

目次

DSS(Digital Signature Standard)とも呼ばれるが、単に呼び方が違うだけで同じものである。

同様に電子署名で利用されるものにRSAがあるが、これは2000(平成12)年9月6日まで特許が行使されていたことから、RSAの代替として開発されたものである。

DSAの暗号的強度は、離散対数問題という数学の困難さに依存している。

一般に、同等の鍵長を持ったRSA暗号と同等の強度があるとされている。

用語の所属
暗号
公開鍵暗号方式
関連する用語
電子署名
RSA

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club