通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

MDI-X

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:エムディーアイエックス
外語:MDI-X: Medium Dependent Interface Crossover 英語
品詞:名詞
2001/11/18 作成
2014/03/26 更新

いわゆるクロス結線の端子。メディア依存インターフェイス(MDI)・クロス結線(X)。「MDIX」とも記載される。

LAN用HUBの通常ポートは、この端子になっている。

HUBでも、アップリンクポートカスケードポートとなっている端子はMDIであり、通常ポートとは結線が異なっているため注意が必要である。

製品によってはスイッチで端子のMDI/MDI-X切り替えができるものや、自動で認識して切り替えを行なうAuto MDI/MDI-X機能を持つものも普及している。

いわゆるLANケーブルは、通常使われるものはストレートケーブルである。

ストレートケーブルを用いて送受信が適合するように、HUB側の端子が入れ替わったMDI-Xとなっているため、HUBを使う場合であってもクロスケーブルを使う必要がない。

LANクロスケーブルを使う用途は非常に限られており、HUBをカスケード接続する場合や、パソコン同士を接続してファイル伝送するような場合にしか使われない。ただし、HUBに限らず昨今はパソコン用のNICであってもAuto MDI/MDI-X機能が搭載されることが一般化しているため、やはりクロスケーブルを使う必要がない。

用語の所属
HUB
関連する用語
MDI
MDI/MDI-X
Auto MDI/MDI-X

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club