通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

MIMEマルチパート

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術郵便編 (CTMAIL)
読み:マイム・マルチパート
外語:MIME multipart 英語
品詞:名詞
2004/03/30 作成
2006/12/14 更新

一通の電子メールに、異なる種類のデータを混在させるための技術。

MIME(RFC 2045〜2049)の拡張仕様で、RFC 2112として標準化されている。

従来の電子メールはヘッダーと本文とに別れており、その区切りは空行一つである。

MIMEマルチパートは本文を更に複数に分割するための方法を規定したもので、複数に区切るための境界線(boundary)の「入れ方」を標準化している。

こうして境界線で区切られた各部分をパート(part)といい、それが複数存在できるためマルチパート(multipart)と呼ばれるのである。

またMIMEマルチパートは、各パートをさらにマルチパート化することが可能である。その階層の深さについては、RFCでの規定はない。

メールヘッダー内のContent-Typeの媒体型名は「multipart」となり、本文がマルチパートであることを表わす。

また各パートごとにContent-Typeなどのヘッダーを持つことができ、各パートの内容が何であるかが分かるようになっている。

なお、各パートのヘッダーは省略可能であり、この場合はtext/plain;charset=US-ASCIIであると見做されるのは旧来の電子メールの仕様と同様である。

マルチパートは中に含む情報によって様々な種類があり、それはMIMEサブタイプ名によって区別される。

現在定義されているmultipartには、次のようなものがある。

用語の所属
MIME
応用方法
AppleDouble
この技術を採用している技術
電子メール
ネットニューズ
関連する用語
添付ファイル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club