通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

NSAPアドレス

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:エンサップ・アドレス
外語:NSAP Address: Network Service Access Point Address 英語
品詞:名詞
2006/11/08 更新

ISO/IEC 8348で規定される、OSIネットワークでのアドレス体系。

目次

OSIの第三層(ネットワーク層)で使われるアドレスで、最大長40桁の可変長を特徴とする。ATMアドレスなどで採用されている。

NSAPアドレスは、ドメインを規定するIDPと、そのドメイン内の機器を特定するDSPの、大きく二つのパートから構成される。

  • IDP(Initial Domain Part、イニシャルドメイン部)
    • AFI(Authority and Format Identifier、認証・形式識別子)
    • IDI(Initial Domain Identifier、イニシャルドメイン識別子)
  • DSP(Domain Specific Part、ドメイン特定部)

AFI

AFIによって、IDI以下のアドレスの形式(種類)を決定する。長さは2桁(8ビット)で、次のようなものがある。

関連する用語
OSI参照モデル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club