通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PAL

辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:パル
外語:PAL: Phase Alternating Line 英語
品詞:固有名詞
2001/05/21 作成
2015/02/20 更新

ヨーロッパを中心に、NTSC/SECAMを用いる地域以外の大半の国で使われているカラーテレビ放送方式。

旧西ドイツのテレフンケン社が開発し、1956(昭和31)年規格制定された。

米国で開発され日本でも使われたNTSCとは異なり、最初からカラー放送用として設計されたため、NTSCのような無理が無い設計となっている。

仕様

PAL自体はカラー信号の規定であり、走査線数やフレーム数はテレビシステムと呼ばれる別の概念である。

とはいえ、実際のテレビシステムとしては、走査線本数が625本(有効576本)で、秒間25フレームインタレースが標準となっている。

NTSCの480iに対し、一般的なPALでの放送画面は576iといい、NTSCの525本(有効480本)より解像度が高いことが分かる。ただし、PALのテレビ受像機ではこのうち一般に90%前後を表示する。

以降は、この標準的なテレビシステムを前提として説明する。

色差信号

NTSCと同様に輝度信号色差信号に分けて伝送する。

PAL最大の特徴は、走査線毎に色副搬送波の位相を反転して伝送していることにある。

このため、位相の歪みの影響が2走査線内で収まり、位相エラーをある程度自動的に補正することができるため、歪みによる影響を受けにくい。

変調

PALも、NTSCと同様の方法で、輝度信号に色差信号を重畳する。

無線占有帯域幅は、NTSCが6.0MHzなのに対してPALは一般的に7.0MHzまたは8.0MHz。

PALの水平同期周波数は15.625kHzで、走査線数は625本。やはり輝度信号の高周波側に、色副搬送波周波数4.433619MHzで色差信号が重畳される。

NTSCより後出ながら輝度信号と色差信号を最初から分離しなかったのは、やはり周波数帯域の制限があったためと思われる。

バリエーション

PALは世界中で使われているが、そのため多くのバリエーションが存在する。

PAL-B/G/D/K
一般的なPALで、後述する特殊なものを使わないヨーロッパの国で使われている。走査線625本、25fpsである。
B/Gは似ており、一般的にはBはVHFの7MHz幅、GはUHFの8MHz幅で使われる。ただしオーストラリアはUHFにBを使用している。
D/Kも似ており、DはVHF専用、KはUHF専用である。中央および東ヨーロッパの多くではD/K、支那本土でDが使われる。
PAL-I
イギリス方式
PAL-M
NTSCのように走査線525本、29.97fpsとした規格。ブラジルで使われている。
PAL-N
狭帯域(1チャンネル6MHz)用のPALで、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイで使われている。

この他にもいくつかの派生がある。

用語の所属
テレビ
関連する用語
テレビシステム
D2-MAC
NTSC
SECAM
ATV

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club