通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PWS

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ピーダブリューエス
外語:PWS: Public Warning System 英語
品詞:名詞
2012/12/18 作成
2012/12/19 更新

CBS(Cell Broadcast Service)による、携帯ネットワークを用いた警報配信システム。3GPP TS 22.268として規定されている。

地震、津波、ハリケーン、竜巻、集中豪雨、洪水といった自然災害や、発電所や化学工場の事故などの人災を含め、様々な災害を報道配信する技術である。

同報配信技術であるCBS(Cell Broadcast Service)をベースとして開発された。

規格名は、3GPP TS 22.268 "Public Warning System (PWS) Requirements" である。

サブシステム

警報には、緊急地震速報のように秒単位での速報性が求められるものと、集中豪雨のようにある程度の時間的猶予があるものとがある。

そこで、前者はETWS、後者はCMASとして、サブシステム化している。また、ヨーロッパのEU-ALERTや南鮮のKPASへの対応も盛り込まれた。

ETWSはRel-8から、CMASはRel-9から、EU-ALERTとKPASはRel-11から採用された。

Primary/Secondary

PWSでは、メッセージの種類をPrimary/Secondaryに分けている。

緊急の情報はPrimaryを用いるが、一定のパターンでしか情報伝達ができない。詳細の伝達はできない代わり、1回で送れるため高速である。

それ以外の情報はSecondaryを用いる。電文などを含めることが可能だが、Primaryと比較すると情報が大きくなるため、その分伝送に時間を要する。

ETWSの場合は、速報をPrimaryで送信し、その後必要に応じてSecondaryで電文を送る。CMASの場合はSecondary相当のみである。

関連するリンク
3GPP TS 22.268
3GPP TR 22.968
用語の所属
CBS
関連する用語
ETWS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club