通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

RPC

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:アーピースィー
外語:RPC: Remote Procedure Call 英語
品詞:名詞
2006/04/21 更新

クライアントサーバーモデルネットワーク環境において、システム間で通信を行なうための通信プロトコルの一つ。

分散コンピューティング環境の基盤を形成する。

RPCはOSI参照モデルトランスポート層アプリケーション層を跨ぎ、ネットワーク上に分散した複数のプログラムの実行を可能にする。これによりサーバー上のプログラムやサービスをクライアントから実行できるようになる。

RPCにはいくつかの種類が存在する。

一般的なものはOSFのDCE(Data Communications Exchange)と、Sun Microsystems/IETFのONC RPC(SUNRPC)の二種類があるが、相互に互換性はない。

Microsoft WindowsのRPCは、OSF-DCEと互換性があるものを採用し、DCOMなど独自の拡張を施している。

OSF-DCE系RPCは、Windows用のものも含め、135/tcpおよび135/udpを使用する。

SUNRPCは、111/tcpおよび111/udpを使用する。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club