通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

RSTコード

辞書:通信用語の基礎知識 無線・アマチュア編 (WAHAM)
読み:アーエスティー・コード
外語:RST code 英語
品詞:名詞
2010/06/13 作成

アマチュア無線において、シグナルレポートを表わす一般的な方法。

目次

R(了解度)、S(信号強度)、T(音調)をそれぞれ表わす。

TはCWやRTTYで使い、それ以外は最後のTを略した「RSコード」が広く使われている。

  • 了解度(readability)
    • 5 完全に了解可能
    • 4 困難なく了解可能
    • 3 かなり困難だが了解可能
    • 2 かろうじて了解可能
    • 1 了解不可能
  • 信号強度(sigunal strength)
    • 9 非常に強い
    • 8 強い
    • 7 適度に強い
    • 6 良い
    • 5 まずまずの強さ
    • 4 弱いが受信可能
    • 3 弱い
    • 2 非常に弱い
    • 1 微弱だがかろうじて受信できる

鮮明に聞こえた場合はRSで「59」、RSTで「599」となる。59は「ファイブナイン」と呼ばれる。

関連する用語
シグナルレポート

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club