通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

UCS-4

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字符号編 (CTCHRE)
読み:ユースィーエス・フォー
外語:UCS-4: Universal Multiple-Octet Coded Character Set-4 英語
品詞:名詞
2005/01/04 作成
2009/12/18 更新

ISO/IEC 10646の全領域を、4オクテットで符号化する符号化方法(CES)。

32ビット(実際に使われるのは、最上位ビットを除いた31ビット)の全てを用いる仕様で、理論上21億以上の文字種を表現できる。

そして一部にはUnicodeのコード体系が採用されている。

由来

ISO/IEC 10646にあった二つの符号化方法の一つで、ISO/IEC 10646の全領域が表現できるのが特徴だった。

しかし、Unicodeでは既に採用されていない。Unicodeは00群00面〜00群16面の計17面のみを使用しており、「この制限を加えたUCS-4」とも言えるUTF-32を採用している。

このため、既にUCS-4という符号は、殆ど使われていないものと思われる。

サロゲート

初期のISO/IEC 10646とUnicodeにはサロゲートというものはなかった。

Unicodeでは、UCS-2で表現できないUCS-4の範囲を表わすのに、サロゲートという機能文字を用意することになった。

Unicodeの00群01面〜00群16面の文字を、UCS-4でどのように表わすべきかは定かではない。一般的な実装では、そのまま目的の符号位置をUCS-4で表わすことになるが、サロゲート文字二つをそのまま符号化(4オクテット×2で計8オクテット)という方法も不可能ではない。

用語の所属
CES
ISO/IEC 10646
Unicode
関連する用語
UCS-2
UTF-32

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club