通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

USBインターリンクケーブル

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:ユーエスビーインターリンクケーブル
品詞:名詞
2001/05/01 作成
2006/12/06 更新

USBを利用して2台のパソコン間でファイルの転送を行なうためのケーブル製品。

従来はシリアルケーブル(RS-232Cなど)やパラレルケーブル(IEEE 1284など)を用いて実現されていたパソコン間ファイル転送のUSB版と言える。

両端のコネクターがAタイプになっており、一般的なホスト→周辺機器接続でなくホスト↔ホスト間で接続できる。ケーブルの途中に回路が組み込まれており、これにより両ホストからUSBによるクロス接続のシリアル転送インターフェイスに見えるようになっているのが特徴。

用語の所属
USB (バス)
USBケーブル
関連する用語
USBネットワークケーブル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club