通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

t.co

辞書:通信用語の基礎知識 通信用語業務編 (CYSVC)
読み:ティー・ドット・スィーオウ
品詞:名詞
2013/02/24 作成

Twitterが公式に提供しているURL短縮サービス

現在は、ツイートに含まれる全てのURLはt.coに変換される。

t.co自体はユーザーに対して解析機能を提供しないが、Twitter社は解析結果を利用しており、似たようなツイートの検出などに使っている。また、マルウェアやフィッシングなどの犯罪行為に関するリンクについては、クリックしても警告画面となりジャンプされない。

Twitterは、当初はtinyurl.com、その後bit.lyとなり、やがて独自にt.coを提供するようになった。

沿革

  • 2010(平成22)年夏: t.co開始 (20文字を超える場合にt.coで圧縮し、20文字に)
  • 2011(平成23)年3月10日: 全てのURLに「t.co」適用 (全てを20文字に)
  • 2013(平成25)年2月20日: 20文字から22文字に延長 (httpsの場合は更に1文字長い)

リファラ

HTTP_REFERERはt.coとなるため、クリック元のツイート等をリンク先が判断することは難しい。

とはいえ、元々Twitterからのリンクはhttp(s)://twitter.com/ となることが多く、あまりHTTP_REFERERは参考にならなかったので、そういう意味では特に変化は無いとも言える。

.co

.coは、南米・コロンビア共和国のドメインである。

なぜ.coなのかは不明だが、t一文字で空いていたのが、たまたま.coだったのかもしれない。

用語の所属
.co
URL短縮サービス
関連する用語
Twitter

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club