通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

インド哲学

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋編 (LFOLKE)
読み:インドてつがく
品詞:名詞
2005/04/15 更新

インドで発展した哲学思想の総称。

前13世紀を中心に成立した "リグ・ヴェーダ" を初め主要なヴェーダ聖典が編纂されると、しだいに神話は哲学思弁へと変遷し、後2世紀頃までになると哲学の諸大系が確立されるようになった。その頃は大乗仏教ヒンドゥー教の大きく興起した時期でもあった。後にジャイナ教やイスラムの影響を受け、現代では新ヒンドゥー教的思想が主流である。

関連する用語
ヒンドゥー教
仏教
大乗仏教

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club