通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

大乗仏教

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教編 (LFOLKEB)
読み:だいじょう・ぶっきょう
外語:Mahayana Buddhism 英語
品詞:名詞
2005/04/05 作成
2013/03/16 更新

仏教の分派の一つ。

出家僧だけではなく、在家信者でも救われるとするもの。守るべきは釈迦の教えの一字一句ではなく、その精神であるとする革新派であった。

まず自身の成仏のため、苦にある全ての生き物(一切衆生)を救うことで菩提心を起こすものとしている。

結果、自分だけでなく、多くの人を救えるのが真の仏教であるとし、自らを大乗(大きな乗り物)にたとえてこう呼んだ。

時代

大乗仏教は分派が激しいが、概ね時代で次のように分けられる。

  • 初期大乗仏教 (2世紀頃まで)
  • 中期大乗仏教 (3世紀頃から5世紀頃まで)
  • 後期大乗仏教 (それ以降)

概ね、成立した経典の時代によって分けられる。

地域

現存する大乗仏教は、地域で大きく二系統に分けることができる。

  • 北伝仏教 (漢訳経典を依拠とする)
  • チベット仏教 (チベット語訳の大蔵経を所依とする)

東アジアから日本に渡り広まった仏教は前者である。

初期大乗仏教

主として「」を説く経典。

中期大乗仏教

唯識思想への転換。

  • 勝鬘経 (3世紀)
  • 如来蔵経 (3世紀)
  • 宝積経
  • 大般涅槃経
  • 大集経
  • 金光明経 (4世紀)
  • 仁王経 (4世紀)
  • 楞伽経
  • 解深密経 (4世紀)
  • 弥勒三部経 (4〜5世紀)
  • 薬師瑠璃光如来本願功徳経(薬師経) (5世紀)
  • 地蔵菩薩本願経 (5世紀)

大乗仏教・後期

密教の台頭。

  • 大日三部経 (7世紀)
用語の所属
仏教
関連する用語
法華三部経
般若心経
小乗仏教

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club