通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

エルガー

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・作曲家編 (LMCOMP)
読み:エルガー
外語:Edward Elgar 英語
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

1857(安政4)年生まれ、1934(昭和9)年没のイギリスの作曲家。

父から音楽の手ほどきを受けたエルガーは20歳のときロンドンへ出てヴァイオリンを学ぶが、ヴィルトゥオーゾになる夢も破れて故郷に帰り、ヴァイオリン教師として生計を立てていた。

41歳のとき" エニグマ変奏曲" が初演され、作曲家として評価されるようになった。43歳のころ書いた大規模な合唱曲" ゲロンティアスの夢" はR.シュトラウスなどによって称賛され、エルガーの名声は世界中に広がった。

1901(明治34)年から1914(大正3)年までがエルガーの創作力のもっとも旺盛な期間であった。1908(明治41)年の交響曲第1番は初演後1年間に100回以上演奏されたほほか、行進曲 "威風堂々第1番" はイギリスにおいては第2の国歌としてトリオの部分が愛唱されている。

63歳のとき夫人を失ったのちは孤独になり、14年間におよぶ晩年にはめぼしい作品をほとんど残していない。

和声的にはブラームスやシューマンの流れを汲みながら、ヴァーグナーの半音階的技法に強く影響を受けた。

関連する用語
ブラボーミュージック

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club