通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

チュートン民話の小人。妖精の意。

魔力を持ち短気で怒りやすく害をなす人間には悪意で報いるが、親切にする人間には善意で応じてくれる。群れをなして生活し、饗宴に迷い込んだ人間を盲目や奇病にする。

ドラットル著 "妖精の世界" によれば "明るいエルフ" と "暗いエルフ" に分類する事が可能で、前者は光と空の美しい色白の妖精で、後者は森や洞窟の黒く醜い小人である。

ファンタジー世界では "指輪物語" に登場するエルフ像が有名。長命または不老不死の耳長生物で、体形は人間と同じ。男も女も皆美しいものと定義される。

耳は尖っていて木の葉のようなので、エルフの言葉で "las" というと "聞く" と "葉" の二つの意味を持つ事になった。またこのためにエルフの言葉でつけられた人名や地名には "ラス" や "ラウ" という言葉が入ることが多い。

関連する用語
アルファル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club