通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

エロス (1)

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:エロス
外語:Eros 英語
品詞:名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

ギリシャ神話の愛の神。ラテン名はアモル。ローマ神話ではクピド(キューピッド)に対応する。

万物の創製者としてガイア(大地)と共に生まれたとされるが、崇拝の対象にされることは殆どない。また一方で文学や美術においてはアフロディテとアレスの子として、有翼の青年の姿で描かれることも多い。

しかし時代を経ると共に次第に神としての威厳が薄れ、見えない恋の矢を射るいたずら好きの天使として、ギリシャ神話を離れ大衆化していった。

天文では、小惑星にその名が使われている。

用語の所属
ギリシャ神話
関連する用語
アフロディテ
エロス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club