通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

エロス

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名太陽系編 (USTLNSS)
読み:エロス
外語:Eros 英語
品詞:固有名詞
2004/12/13 更新

小惑星の一。小惑星番号433。

長さ約33km、厚さ約13km、奥行き約13km。質量は6.69×10^12kgと見積もられている。自転周期は5.267時間(219.4Beat)、公転周期は643日、軌道長半径は1.8au。

1898(明治31)年に、ドイツのグスタフ・ウィットとフランスのオーギュスト・シャルロワによって独立に発見された。

探査機NEARシューメーカーが軟着陸に成功し、現在エロスの地表に存在する。

英名Eros(エロス)は、ギリシャ神話のAphrodite(アフロディーテ)の息子で恋愛の神であるエロスに由来する。これは、ローマ神話のCupid(キューピッド)に相当する。

関連するリンク
NEAR Encounter with Asteroid 433 Eros
天体の特徴
小惑星
関連する用語
NEARシューメーカー
自転
公転

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club