通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

オッフェンバック

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・作曲家編 (LMCOMP)
読み:オッフェンバック
外語:Jacques Offenbach 英語
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

1819(文政2)年生まれ、1880(明治13)年没のドイツ系ユダヤ人フランス在住作曲家。フランス第二帝政時代の代表的なオペレッタ作曲家である。

本名ヤーコブ・エーベルストJakob Eberst。父がオッフェンバッハ・アム・マインの出であったため、オッフェンバックと名乗るようになった。読み方が違うのはドイツ語系とフランス語系の違いである。

音楽教育はまず父親によってはじめられた。後にチェロをパリ音楽院で学ぶ。劇場の管弦楽団でチェリストとして働いた時期もある。

第二帝政期の娯楽の王と言われ、そのオペレッタは当時大変な人気を呼んだ。その娯楽性ゆえに芸術的に低く評価されることもあるが、その作品は多くの創意と示唆にあふれている。

オッフェンバックの影響は、スッペやヨハン・シュトラウス2世、さらにはサリヴァン、今日のミュージカルにまで及んでいる。

非舞台作品では、チェロ協奏曲などが有名。

関連する用語
ブラボーミュージック

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club