通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

デファクトスタンダード

辞書:文化用語の基礎知識 経済編 (LECO)
読み:デファクトスタンダード
外語:de facto standard 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

事実上の業界標準。商品として提供されたりした仕様が普及し、それが標準として利用されること。一度これを獲得すれば、その企業には大きな利益がもたらされる。MicrosoftIntelがその例。但し、パラダイムが変わればそれは続かない。PC/AT互換機もデファクトスタンダードの一つである。

昨今は標準化も進んでいるが、その標準にする際にも、自社規格が採用されることで特許料や製品化速度などでは有利になる。しかし標準化は時間がかかるので、現実として、さっさと製品化して市場を制覇する方が儲かるために、非標準なものを強引に売りさばいて "事実上の標準" を獲得しようとする企業があとをたたない。Microsoftが最たる例である。

必ずしも優れたものが主流になるとは限らない。というよりは、そうでない、質的に劣るものの方が主流になる事が大半だと言える。それも全て、多くの意見を経て作られる標準化を経ていない、半端な独自仕様を採用した製品が多いためである。

関連する用語
de facto
Microsoft
Intel
パラダイム
PC/AT互換機

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club