通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PC/AT互換機

辞書:電算用語の基礎知識 計算機固有名詞編 (TCPROD)
読み:ピースィーエイティーごかんき
外語:PC/AT Compatible machine 英語
品詞:名詞
2008/03/16 作成
2015/10/14 更新

1984(昭和59)年にIBMが発売したパソコンPC/ATの互換機のこと。現在のパソコンは、殆どがこの「PC/AT互換機」だとされているが、実際には欺瞞に満ちた表現である。

IBMは、PC/ATのハードウェア仕様の多くを公開した。

これにより、多くのメーカーが互換機を製造するようになり、世界的に、パソコンといえばPC/AT互換機、という状況を作り出した。

当時のキラーソフトウェアは、表計算ソフトウェアLotus 1-2-3であり、このソフトウェアを業務で使うためにPC/AT互換機を会社に導入、という事例も多かった。

普及

英語圏等では、PC/AT互換機に、PC DOSまたはMS-DOSという環境で広く使われた。これで困ることは殆ど無かったからである。

日本では漢字等の都合があり、長くPC-9800シリーズの独壇場となっていた。しかし価格が高かった為、CPU性能向上に伴い漢字表示はソフトウェア化され、Microsoft Windowsの普及と共にPC/AT互換機へと置き換わっていった。

英語圏でも、パソコンは二大潮流があり、対するはMacintoshであった。こちらは長く、Motorolaのマイクロプロセッサー(Motorola 68000シリーズ)を用いていたが、後にPowerPCを採用した。現在のOS X搭載Intel Macでは遂にPC/AT互換機となり、都合、CPUアーキテクチャーは二度も変わったことになる。

かくして、特殊なものを除いては、PC/AT互換機は世界のパソコンの標準と化したのである。

仕様

基本仕様はPC/ATを踏襲するが、実際に普及した仕様は、純正のPC/ATよりも少し性能が高い。

80286以上のCPUは前提条件だが、ディスプレイアダプターはEGAではなく、VGA(640×480)以上が一般的となっている。

時代の変遷を経て、ハードウェアもかなり様変わりしている。今も「PC/AT互換機」と根強く呼ばれているが、既にPC/ATとの共通部分は殆どなく、実際の互換性は無いに等しい。

日本では、DOS/Vの頃に「OADG仕様」という名が使われたが、全く普及しなかった。

共通性

PC/ATと、2015(平成27)年時点のいわゆる「PC/AT互換機」は、殆ど全ての件について差がある。

CPUやアーキテクチャ

x86という意味では共通だが、それだけである。

DOSが動けば、PC/AT時代のソフトウェアが使える可能性はある。

フォームファクター

フォームファクターは、PC/ATがATやBaby-ATなのに対し、現在の主流はATXである。

ATXの基板面積はBaby-ATに近いが、配置が全く異なる為ケースは流用できない。

メモリー

メモリーは、PC/ATがDIPDRAMで最大512Kiバイトが使われた。

最近では1Giバイト〜64Giバイトと量は桁違いで、メモリーチップもDDR4 SDRAMである。

拡張スロット

拡張スロットも、PC/ATはATバス(ISA)だが、現在はPCI Expressである。

ディスプレイ

ディスプレイは、PC/ATはDB15(D-sub 15ピン)によるアナログ出力でCRTを使った。

現在はHDMIDisplayPort、少し古い環境ではDVI-D液晶ディスプレイに接続している。

キーボードマウス

キーボードは、PC/AT用は84キーボードでATコネクターによる。互換機ではPS/2コネクターを経て、現在はUSBによる接続である。

マウスは、PC/AT用はシリアルポートに繋げた。互換機ではキーボードと同様にPS/2コネクターを経て、現在はやはりUSBによる接続である。

フロッピーディスクドライブ

フロッピーディスクドライブは、PC/ATでは2HDに対応した。

しかし、フロッピーは今や使われていない。代替の媒体は、USBメモリーなどである。

ハードディスクドライブ

ハードディスクはPC/ATはST-506インターフェイスを使っていた。

互換機ではESDIATAを経て、今はシリアルATAである。

拡張ポート

拡張ポートは、PC/ATではRS-232Cパラレルポートがあったが、今はUSBIEEE 1394などを使う。

ネットワーク機能はPC/ATには無かったが、今や1Gbps程度のEthernetが普通に標準搭載されている。

つまり、今のマシンでは、PC/AT時代のCPU、メモリー、拡張カード、ディスプレイ、キーボード、フロッピーディスク、ハードディスクと、何一つとして流用することができない。ハードウェアの互換性はゼロである。

また、ソフトウェアの互換性についても怪しい。DOSが動けばコンソールプログラム程度は動作するだろうが、グラフィックを操作するアプリケーションが正常動作するかどうかは、かなり疑問である。

これが「互換機」なのだとされている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club