通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

IBM

辞書:電算用語の基礎知識 技術機器製造団体編 (TYORGM)
読み:アイビーエム
外語:IBM: International Business Machines 英語
品詞:会社名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

パソコンからスーパーコンピューターまで、様々な電子計算機を扱う世界最大のコンピューターメーカー。その他周辺機器も各種製造販売している。かつてはハードディスクも作っていたが、後に日立へ売却された。

IBMは、そのロゴマークが青色である所からビッグブルーと呼ばれた時代もあった。自社のメインフレーム(大型汎用コンピューター)を超高額でリースして富を築いた。パソコン市場では業界標準を確立したにも関らず互換機メーカーに市場を奪われてしまった。

かつてMotorolaと共に開発したマイクロプロセッサーPowerPCIntel牙城を崩そうとしていたが、現状ではそれほど積極的ではない。IBMはWindows、OS/2、AIX、Solaris、更にはAS/400などのシステムやSystem 390などのメインフレームまで、実に様々な環境を扱わねばならない。そこでJavaの特徴である "一度書けばどこでも動く(Write once、run anyway)" を積極的に取り入れることとなった。これにより、社の主要アプリケーションの大半をJava化、またミニコンからメインフレームまで、様々な環境でJavaをサポートしている。

このようにIBMはJava贔屓企業であるが故に、現在、Microsoftとの関係は良くない。元々IBMとSun Microsystems自体もライバルである関係上、軋轢が解消している訳ではないのだが、IBMのJavaに対する取り組みから、Sun MicrosystemsもIBMを悪くは見ていないだろうと思われている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club