通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

HomePNA

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術システム編 (CTSYS)
読み:ホーム・ピーエンエイ
外語:HomePNA: Home Phonline Networking Alliance 英語
品詞:名詞
2006/11/17 更新

既存の電話回線を利用した家庭内LANシステム。

今やほぼ100%の家庭に存在する電話回線をバックボーンに利用しながら、音声ISDNADSLなどと共存することができる。

日本では全く普及していないが、アメリカではある程度利用されている。

日本におけるこの対抗は、電力線搬送通信(PLC)である。

由来

Tut Systemの開発した電話回線を利用する1MbpsのLAN「HomeRUN」をベースに、1998(平成10)年6月に参画した次の計11社が仕様を策定し、HomePNA 1.0を発表した。

これを著している時点での最新はHomePNA 3.0である。

HomePNA 1.0

HomePNA 1.0では、電話/ISDN/ADSLの帯域を避けるために5.5〜9.5MHz帯を用いている。

HomePNA 2.0

1999(平成11)年12月にHomePNA 2.0の仕様が発表され、通信速度は一気に10Mbpsにまで上がった。

この仕様は「Recommendations G.989.1」としてITUの承認が得られた。

HomePNA 3.0

HomePNA 3.0の仕様は2002(平成14)年9月に承認された。米国時間2005(平成17)年5月9日には「Recommendation G.9954」としてITUの承認が得られた。

最大で240Mbpsを実現し、HomePNA 2.0機器の混在可、VoHPNA(Voice-over-HomePNA)をサポートして同時8件の音声送信が可能などの特徴を持つ。

関連するリンク
http://www.homepna.org/
関連する用語
電話回線
Ethernet

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club