通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

電話

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:でんわ
外語:telephone 英語 , 电话 大陸簡体 , 電話 台灣正體 , telefon/o エスペラント
品詞:さ変名詞
2008/06/01 作成

電気電波の力で会話する装置や、その行為のこと。遠く離れた場所にいる人との会話を実現できる。

由来

簡単には、マイクロフォンスピーカーを双方に設置し、音声は電気信号によて通達するものとして作られたのが初である。現在では、このうちの物理層において、様々な応用が存在する(ディジタル化、光ファイバー、電波等)。

この基本的な電話は1876(明治9)年3月10日、スコットランド生まれアメリカ在住の発明家、アレクザンダー・グラハム・ベル(Alexander Graham Bell)によって発明され通話に成功した。

定義

一般的に電話というと電話会社経由の電話(有線や携帯電話等の無線)が連想される。

但し、無線用語に於いては、波を使ってをすること全てを電話と呼ぶ(電波法においては用語「無線電話」として定義される)。

分類

現在、電話は広く生活に浸透し、欠くことのできないものとなった。

様々に発展した電話は、様々に分類することができる。

物理層

物理層のうちの下位にあたる、実際の媒体の違いによるもの。

信号形式

物理層のうちの上位にあたる、信号形式の違い(PHYの違い)によるもの。

  • アナログ
    • アナログ式電話
      • アナログ式コードレス電話
    • アナログ式携帯電話
  • ディジタル

範囲など

範囲等の違いによるもの。

市外通話で県内・県外という違いが生まれたのはNTTの分割以降のことで、NTT地域会社NTTコミュニケーションズで業務の分担をする必要が生じたため作られた。それ以前は、単なる距離ごとの料金区別のみ存在した。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club