通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ADSL

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:エイディーエスエル
外語:ADSL: Asymmetric Digital Subscriber Line 英語
品詞:名詞
1999/07/13 作成
2015/07/14 更新

通常の電話回線(銅線)を利用して高速通信を実現させる、いわゆるxDSL技術の一つ。非対称ディジタル加入者回線。

技術

技術は、1989(平成元)年にBellcoreにより開発された。

公衆電話交換網(PSTN)は、音声周波数として0.3kHz〜3.4kHzを使用している。それ以上の周波数も使うことは(理論上)可能であったため、ここにコンピューターネットワーク用の信号を重畳することにしたのがxDSL技術である。

ADSLの最大の特徴はダウンストリーム(下り)とアップストリーム(上り)で速度が異なる点で、これが「非対称」の名の由来である。

普及と衰退

ADSLは、電話回線では56k程度が限度、ISDNを使っても64kbps(電話代倍でよければ128kbps)が限度と、非常に遅い上に通信費も高かった時代に登場した。

当時既に光ファイバーはあったが、非常に高価であり、一般家庭で使えるような価格ではなかった。

ADSLも当初は高かったが、価格の低廉化に伴い一気に普及したため、電話回線の光ファイバー化を進めていたNTTが銅線を引き直さざるを得なくなる事態にも至った。

こうしてADSLによる高速通信回線での常時接続が一般化するが、やがて、有線では光ファイバーも低廉化が進み普及するようになり、更に無線でWiMAXLTEなどが普及した現在、ADSLは完全に過去の存在となっている。

仕様

主なADSL関係の仕様。附則(Annex)は、代表的なもののみを記載。

日本

日本における下り速度別の規格は次のとおりである。

非対称

一般的な利用では、ダウンロードすることは多々あっても、アップロードすることはそれほど多くない。

そこで、限られた帯域のうち、ダウンロードに多くを割り当て、アップロードを絞った。これが一般的なADSLの非対称である。

どちらを優先するかは自在で、アップロードの方を高速化することも技術的には可能だが、そのようなものが一般的に使われることはなかった。

周波数帯

公衆電話交換網は、高速通信用に作られたものではないので、高周波を流すには無理もある。

通常のアナログ電話は0〜4kHz、ISDNは0〜320kHzの範囲を使い、この程度まではISDN以外の用途でも安定して利用できる。これを超えた周波数は、距離に応じて信号減衰が激しくなる。

そこで、例えばITU-T G.992.1(G.dmt)の場合、アップリンク1Mbps(25kHz〜138kHz)、ダウンリンク8Mbps(138kHz〜1104kHz)とした。アップリンクは安定し、ダウンリンクは距離に応じて高速化可能なようになっている。

ADSLの周波数帯はアナログ電話と重ならないため、併用できる。一方、ISDNとは完全に重複するので、共存できない。

速度

ADSLのダウンストリームは交換機からの距離により速度差がある。局舎から2km程度まではそこそこの速度が出るが、それを超えると急激に速度が落ちる。

また電話回線は数百から数千回線が束になるので、この中にISDNユーザーがいた場合も信号の漏洩があると干渉を起こし速度の低下を招く。

現役

関連するリンク
ADSL Forum Home page
用語の所属
xDSL
関連する用語
ADSL2
RADSL
CAP
ITU-T G.992.1
ITU-T G.992.2
ISDN
光ファイバー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club