通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フレッツ・ADSL

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話サービス編 (WTELFS)
読み:フレッツエイディーエスエル
外語:FLET'S・ADSL 英語
品詞:商品名
2000/12/18 作成
2015/08/03 更新
2016/06/30 迄有効

記事の有効期限について

この記事は、2016/06/30に有効期限が切れています。

この記事は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

NTT地域会社が提供するADSLの常時定額接続サービスの商品名。東西ともに2000(平成12)年12月26日より受け付けが開始された。

サービス

アナログの加入者線を一本使い、インターネットへの常時接続を行なう完全定額制のADSL接続サービスである。

加入電話と共用するタイプ1(電話共用型)と、加入電話と共用しないタイプ2(ADSL専用型)がある。

フレッツ・ADSLはフレッツ・ISDNとは違い、特定の場所にダイアルアップするのではなく、電話で使われない高周波の信号を流すことで常時接続される。

プロバイダー

フレッツ・ADSLは、家と、NTTの地域IP網とをADSLで結ぶサービスである。

このため、地域IP網とインターネットを結ぶために、ADSLの契約とは別に、インターネットプロバイダー(ISP)との契約が必要である。

これは、インターネットへの接続がNTTの独占にならないようにするための配慮となっている。

ISPは、安かろう悪かろうの最安値で500円程度から存在し、サービス品質やサポート体制などにより、様々な会社を選ぶことができる。

タイプ1・2

タイプ1は希望すれば電話回線と共用することも可能(但し別途回線利用料(基本料)が必要)で、施設設置負担金も必要。既存の電話回線を生かす場合はタイプ1の選択となる。

タイプ2は電話回線と共用しないタイプである。施設設置負担金が不要な代わり、月額利用料金が割高である。

沿革

項目の有効期限について

この項目は、2016/06/30に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

以下は予定

  • 2016(平成28)年6月30日: 東西、全てのサービスの新規受付を終了予定

情勢

日本では、1999(平成11)年から本格化、フレッツ・ADSLが開始されたのは2000(平成12)年12月。

2000(平成12)年頃からYahoo! BB、イー・アクセス、アッカ・ネットワークスなどが相次いで参入し、速度向上や価格競争が続いた。

しかし、2005(平成17)年頃には光ファイバー契約数の増加ペースがADSLを上回るようになり、2008(平成20)年9月には契約数でも光ファイバーがADSLを追い抜いた。

日本では、NTTの光ファイバー網の設備(NGN)も完成し、従来型の銅線による固定電話網は2025(令和7)年をめどに廃止する計画となった。ADSLの契約終了は、この廃止に向けた動きの第一歩とも言える。

総務省発表では、2015(平成27)年3月末時点での契約者数は、光ファイバーの2660万件に対し、ADSLが375万件である。

サービスラインナップ

NTT東西ともに、新規受付を2016(平成28)年6月30日で終了する。

既に設備用の物品は製造は終了しており、今後保守物品の枯渇が見込まれるため、既存利用者へのサービス提供を維持するためとしている。但し、フレッツ 光ネクストが利用できない地域については例外としてフレッツ・ADSLの新規受付を継続するとしている。

新規受付を終了するサービスは各々次のとおりである。

  • NTT東日本
    • モアⅢ (47Mタイプ)
    • モアⅢ ビジネスタイプ
    • モアⅢ アドバンスドサポート
    • モアⅡ (40Mタイプ)
    • モアⅡ ビジネスタイプ
    • モアⅡ アドバンスドサポート
    • モア (12Mタイプ)
    • モア アドバンスドサポート
    • 8Mタイプ
    • 8Mタイプ アドバンスドサポート
    • 1.5Mタイプ
    • 1.5Mタイプ アドバンスドサポート
    • エントリー (1Mタイプ)
  • NTT西日本
    • モアスペシャル
    • モア40
    • モア24
    • モア
    • 8Mプラン
    • 1.5Mプラン

1.5Mタイプ

サービス開始当時は1.5Mbpsタイプ(ITU-T G.992.2)のみが提供され、タイプ1が月額4,600円、タイプ2が月額6,200円であった。

2001(平成13)年2月1日からはモデム買い取りが可能となり、タイプ1が月額4,050円、タイプ2が月額5,700円、モデムレンタル料490円、配線保守料60円、と価格が細かく分けられた。モデム買い取りと配線保守不要を選択すれば、月額4,050円となり550円の値下げとなる。

そして更に2001(平成13)年7月16日からタイプ1が月額3,800円、タイプ2が月額5,450円に、2001(平成13)年10月1日からはタイプ1が月額3,100円、タイプ2が月額4,750円に値下げされた。

8Mタイプ

2001(平成13)年12月1日から8Mbpsのサービス(ITU-T G.992.1)が始まった。タイプ1が月額3,100円、モデムレンタル料が490円、タイプ2が月額4,750円、モデムレンタル料が440円、配線保守料60円(タイプ1・2共通)から開始された。

同時に1.5Mbpsタイプが値下げされ、タイプ1が月額2,900円、タイプ2が月額4,550円となった。

12Mタイプ

2002(平成14)年11月8日から12Mbpsのサービス「フレッツ・ADSL モア」が開始された。

2002(平成14)年12月1日から1.5Mbpsのタイプ1が月額2,600円、1.5Mbpsのタイプ2が月額4,550円、8Mbpsのタイプ1が月額2,650円、8Mbpsのタイプ2が月額4,750円に値下げされた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club