通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

フレッツ・ISDN

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話サービス編 (WTELFS)
読み:フレッツアイエスディーエヌ
外語:FLET'S・ISDN 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

NTT地域会社が提供するISDNの常時定額接続サービスの商品名。NTT西日本が2000(平成12)年7月7日より、NTT東日本が2000(平成12)年7月17日よりサービスを開始した。

ISDNのBチャネルを一つ使い、インターネットへの接続を行なうための完全定額制接続サービス。NTT地域IP網ダイアルアップして間接的にプロバイダーに接続するタイプ1と、NTT地域網を使用せず直接プロバイダーに収容されるタイプ2がある。一般的にタイプ1の方が効率的にエリアを広げられるため、多くのISPがタイプ1のみを採用している。ダイアルアップ先の番号は、開始当初は利用者個々に一般の電話番号を割り当てていたが、誤設定や引っ越し時の不便、マイラインプラス登録時の不便などがあったため、2001(平成13)年より "1492" (ISDN(=1)・よくつ(=492)ながる!)で統一された。

Bチャネル自体は64kbpsの速度があるが、接続されるNTTの地域IP網では回線を共有することになるため、64kbpsがフルに速度が出ることはない。NTTは "最低8kbps以上を確保する" としている。

試験サービス中の仮称は "IP接続サービス" で、また当初のサービス名は "フレッツ・アイ" であったが、某T社の出資する企業とそのサービス名に名称が酷似していたためクレームが付き、現在の名に変更された。

サービス開始当時はタイプ1が月額4,500円、タイプ2が月額2,900円だったが、フレッツ・ADSL開始に伴い2001(平成13)年3月1日より値下げされ、タイプ1が月額3,600円、タイプ2が月額2,500円になった。更に2001(平成13)年7月16日からタイプ1が月額3,300円に、2001(平成13)年10月1日からタイプ1が月額2,900円に値下げされ、フレッツ・ADSLの8Mbpsタイプが開始された2001(平成13)年10月1日からタイプ1は月額2,800円に値下げされた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club