通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

チャンネル

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:チャンネル
外語:channel 英語
品詞:名詞
1998/11/23 作成
2007/02/25 更新

通信における伝送路。多くの場合、他の情報通信とは全く独立して通信できる伝送路を指す。

日本語では「チャンネル」のほか、「チャネル」ともいう。

物理的な通信路は一つでも、周波数分割多重時分割多重などの技術によって、チャンネル数は増やすことができる。

電波による空間通信でも、自由空間という一つの伝送路を周波数分割多重通信によって多数のチャンネルを確保している。携帯電話などのディジタル通信では、一つの周波数に時分割多重を適用して、さらにチャンネル数を増やすことが行なわれる。

同時に双方向の通信を行なう場合は、大抵の場合2本のチャンネルが使われる(全二重)。

1本のチャンネルで双方向の通信を行なうには、伝送方向を随時切り替えながら通信する方法を使う(半二重)。

用語の所属
CH
関連する用語
全二重
半二重

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club