通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

全二重

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:ぜんにじゅう
外語:full duplex 英語
品詞:名詞
2001/04/12 作成
2011/01/09 更新

AからBの方向と、BからAの方向の情報伝送を同時に行なうことが可能な通信方式。複信方式

インジケーターやスペック表などで、略称表記として「FDX」や「FD」などが用いられる場合もある。

用途

大昔に、一般のパソコン通信で使われたのはこの方式。現在でも、Ethernetで組まれたLANは、概ね全二重である。

Ethernetで全二重通信可能な規格は、10BASE-T100BASE-TX100BASE-T21000BASE-Tと、10BASE-FB以外の光ファイバーを用いた全ての規格である。

但し、これらの規格を用いても、1対1の通信でない場合(リピーターHUBを用いたネットワークなど)には、半二重通信しかできないので注意が必要である。スイッチングHUBを利用した場合は、スイッチングHUBのポートとノードとの1対1通信とみなせるので、全二重通信が可能である。

10BASE-T

10BASE-Tや100BASE-TX等のEthernetでは、接続されたノードがともに対応していれば全二重、一方でも対応していないノードがあれば半二重に自動的に決定される。

ネゴシエーションがうまくいかなかったり、不適切な設定を行なったせいで、一方のノードが全二重通信、他方が半二重通信を行なうことが稀にあり、発見しにくいネットワークトラブルの原因となり得る。

用語の所属
FD
関連する用語
複信方式
パソコン通信
Ethernet
半二重

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club