通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

複信方式

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術用語編 (CTYOGO)
読み:ふくしんほうしき
品詞:名詞
2010/12/23 作成
2014/11/04 更新

送信受信の両方が同時に行なえる(双方向の)通信方式。

目次

電波法施行規則に定義がある。

第一章 総則

(定義等)

第二条 電波法に基づく命令の規定の解釈に関しては、別に規定せられるもののほか、次の定義に従うものとする。

十八 「複信方式」とは、相対する方向で送信が同時に行なわれる通信方式をいう。

有線通信においては、これを全二重という。

古くパソコン通信の時代でも、同時に双方向通信が可能な全二重が一般的だった。

現在も、有線のEthernetは全二重が一般的である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club