通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

地域IP網

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:ちいきアイピーもう
品詞:名詞
2000/12/27 作成
2009/07/31 更新

NTT地域会社(NTT東日本NTT西日本)が県単位で構築したネットワークの俗称。

中継交換機の階層であるZCのエリア(都道府県のエリア)とほぼ重なる範囲内に構築されている回線網である。

これは、NTT分割再編成の際に県内通信と県外通信で分割され、県外通信はNTTコミュニケーションズの管轄となったため、このような非効率なことになった。

接続サービス

フレッツと名の付くサービスのうち、次のサービスから接続される。

後継となるバックボーンはNGNであり、フレッツ 光ネクスト以降はNGNに接続されている。

二重投資を避けるため、今後はNGNへの移行を進め、地域IP網は収束の方向になると見られる。

機構

フレッツ利用者は一旦このネットワークに接続し、そこから各ISPへ接続する。

次のようなメリットがある。

  • プロバイダーはアクセスポイントをむやみに増やさなくて済む
  • 利用者は同じ電話番号へのダイアルアップで複数のプロバイダーを自由に選択できる(ISDNの場合)
  • 利用者は常時接続先はそのまま、複数のプロバイダーを自由に選択できる(ADSL、Bフレッツの場合)
  • NTT東西は電話通話料を(高いまま)変更することなく、インターネット接続専用の料金を(高く)設定できる

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club