通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

KDDI

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:ケイディーディーアイ
外語:KDDI: KDDI CORPORATION 英語
品詞:会社名
2000/05/29 作成
2009/06/13 更新

国内有線/無線および国際電信電話を扱う電気通信事業者。

基本情報

  • 商号: KDDI株式会社 (KDDI CORPORATION)
  • 本社: 〒163-8019 東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー
  • 創業: 1984(昭和59)年6月1日
  • 設立: 2000(平成12)年10月1日
  • 資本金: 1418億5100万円
  • 代表者: 代表取締役社長兼会長 小野寺正 (2009(平成21)年3月31日現在)
  • 従業員: 16,967名(連結ベース) (2009(平成21)年3月31日現在)

沿革

  • 2000(平成12)年10月1日: 株式会社ディーディーアイ 設立
  • 2002(平成14)年11月1日: KDDI株式会社 に商号変更
  • 2003(平成15)年4月17日: 本社を飯田橋に移転すると発表
  • 2003(平成15)年5月6日: 飯田橋「ガーデンエアタワー」での業務開始
  • 2005(平成17)年3月頃: ツーカーグループがKDDIの100%完全子会社となる
  • 2005(平成17)年10月1日: ツーカーグループを吸収合併した

主要株主

東証一部上場。証券コード9433。

2009(平成21)年3月31日現在の株式構成。

  • 発行可能株式総数: 7,000,000株
  • 発行済株式総数: 4,484,818株
  • 株主数: 75,428名

2009(平成21)年3月31日現在の主要株主は、次のとおり。

  • 京セラ株式会社 (12.85%)
  • トヨタ自動車株式会社 (11.16%)
  • 東京電力株式会社 (8.02%)
  • 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) (5.55%)
  • 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) (4.66%)
  • 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口 4G) (4.17%)
  • ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー (1.88%)
  • 日本郵政共済組合 (1.63%)
  • メロンバンクエヌエーアズエージェントフォーイッツクライアントメロンオムニバスユーエスペンション (1.16%)
  • 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4) (0.99%)

由来

長距離電話の第二電電株式会社(DDI)、国際電信電話の国際電信電話株式会社(KDD)、そして携帯電話の日本移動通信株式会社(IDO)の3社が合併して出来た。

存続会社はこのうちのDDIである。

事業者識別番号

規模等

NTTコミュニケーションズに続くインフラ企業である。

提供サービス中、市内・市外・国際電話はKDDIブランドで、携帯電話とISPはauブランドで提供している。

なお、設立当初は、携帯電話には他にツーカーブランドがあり、ISPはDIONブランドだった。

会社名

誕生当初は、通称はKDDIだが、社名は株式会社ディーディーアイ(英名DDI CORPORATION)だった。

頭のKは色々と言われているが、眞相は消えゆくKDDに配慮してのものだと言われている。

その後、ケイディーディーアイ株式会社に商号が変更され、2002(平成14)年11月1日に商業登記規則等の一部が改正(英字の利用の許可)されたのにあわせ、同日社名をKDDI株式会社に変更した。

KDDIの社名に含まれないツーカーグループは、携帯電話事業再編において当時のDDIが筆頭株主となったが、2005(平成17)年3月頃にKDDIの100%完全子会社となり、そして2005(平成17)年10月1日にKDDIへ吸収合併された。

主なサービス

関連するリンク
KDDI CORPORATION
関連する用語
KDDI大手町ビル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club