通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フリーコールDX

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話サービス編 (WTELFS)
読み:フリーコールデラックス
外語:free call DX 和製英語
品詞:商品名
2006/11/07 更新

KDDI着信課金(通話料金着払い)サービスの商品名。

誤解を恐れず分かりやすく表現するなら、NTTコミュニケーションズのフリーダイヤルのKDDI版といえる。

次の、全部で8〜11ケタの番号を電話番号に割り当て、その番号をダイアルした通話については通話料金を着信側(フリーコールDX申込者)が負担するサービス。

  • 0077-70-XX(8桁)
  • 0077-71-XX(8桁)
  • 0077-75-XXX(9桁)
  • 0077-78-XXXX(10桁)
  • 0120-9xx-XXX(xxxは11、21〜25、29、33、44、77、88のどれかで、計10桁)
  • 0800-xxx-XXXX(xxxは123、300、500、700のどれかで、計11桁)

言うまでもなく、番号が短いほど月額使用料が高い。

なお、番号に関しては番号ポータビリティにより、従来NTTコミュニケーションズが持っていた0120-XXXXXXでも、2001(平成13)年4月からは自由に利用可能となっている。

KDDIは0800-777の保有が確認されているが、販売が確認されていない。

注意点

IP電話などからは、0077から始まる番号へ接続できないことが多い。

桁数が少ないことは有利であろうが、今後の普及が見込まれるIP電話から繋がらないことはデメリットといえる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club